医療機関だからできる!診療報酬債権ファクタリングの活用

あなたは、病院やクリニックなどの医療機関を経営していることが、経営において非常に大きな強みとなっていることをご存知でしょうか?その強みとは、レセプト請求をきっちりと行えば、2か月後には確実に、請求した金額が支払われることです。

診療報酬債権は絶対的な強みがありますので、その診療報酬債権を上手に活用して資金調達をすることができます。

診療報酬債権を活用した医療機関専門の資金調達 ファクタリングについて

 

上記の参考サイトを是非ご覧ください。

一般の会社や企業では、そうはいきません。例えば、取引先企業に商品を納品後に請求書を発行しても、約束の期日までに代金が支払われなかったり、入金を先延ばしにされてしまうこともあります。さらに悪い場合だと、未入金のまま取引先が倒産し、回収不能になり、もっと最悪な場合だと、連鎖倒産といったリスクもあるのです。

しかし、医療機関では国保連や社保という公的機関が請求の対象となるため、報酬を受け取ることは確実となります。これは大きな強みと言えますよね。

この強みを最大限に活かした資金調達法が、「診療報酬ファクタリング」なのです。医療機関側から見ると、本来2か月後に入るはずのお金がすぐ手元に手に入るため、資金繰りを改善できるという大きなメリットが、ファクタリング会社側からすると、2か月後にはお金を先に用立てるだけで確実に手数料が入るというメリットがあります。このようなWin-Winな関係が成り立っているのは、医院やクリニックとファクタリング会社の間に、国保連や社保といった公的機関が介在しているからなのです。病院が受け取っているレセプト請求による診療報酬は、非常に信頼でき、信用性の高いものだと言えるのですね。

レセプト請求であるからこその大きな強みを活かし、資金繰りが厳しいと感じた時、支払いが多くてきついと感じた時、どうしてもすぐに現金が必要になった時、診療報酬ファクタリングの活用を思い出し、検討して頂けたら幸いです。

ここがスゴい!診療報酬ファクタリング

診療報酬債権ファクタリングには、優れた3つのポイントがあります。ここではそれらのポイントをご紹介していきます。

まず、面談や面接が不要であることです。
銀行で融資や借入を依頼すると、担当者の面談を数多く行う必要があります。医院を営業しながら何度も出かけなければいけないのは、身体的にも精神的にも辛いですよね。しかし、レセプト請求を買い取るファクタリングは、インターネットや電話での簡単なやり取りで済むのです。

次に、審査が簡単であることです。銀行から融資を得る場合は、長年に渡って返済を行わなければなりませんので、多くの書類の提出や、多岐に渡る審査項目があるため、とても時間がかかります。一方で、レセプト請求を買い取るファクタリングの場合は、長期に渡る返済という考え方ではありません。ファクタリング会社は契約した病院やクリニックにお金を入金し、2か月後に国保連や社保からお金を受け取ります。2か月で確実に回収できるため、審査は簡単に済むのです。

最後に、手数料が安いことです。診療報酬ファクタリングは、一般企業のファクタリングに比べ、その手数料はかなり安いのです。一般企業だと手数料の設定が20%程度の場合もありますが、診療報酬ファクタリングでは手数料は1.5%からなのです。
一般の企業でファクタリングを行う場合、売掛金の回収前に取引先が倒産してしまうリスクがあるため、買取手数料はおのずと高くなってしまうのです。一方で診療報酬ファクタリングの場合、国保連や社保といった公的機関ですから、債権が回収できないというリスクはないのです。
このように、診療報酬ファクタリングには、銀行などの金融機関による融資や借入にはない、優れたポイントがあるのですね。

診療報酬債権、いつ買い取ってもらうのがベスト?

診療報酬ファクタリングについては分かって頂けたかと思いますが、どういったタイミングで活用するのがベストなのでしょうか?

資金を調達すると考えた時、経営が厳しい状況の時に資金が欲しいと考えるのが普通ですよね。つまり、多くの現金が必要な時、急な出費は勿論、医療機器の購入、職員のボーナスなどに資金繰りが厳しくなってきます。そういった時、診療報酬ファクタリングを利用すれば、資金繰りが悪くならずに済みますね。実際、そのような場面で資金を調達する医院やクリニックが多いと言えます。

また、資金繰りが厳しくなることを予め予想し、前倒しで資金調達をするのもファクタリングを有効に活用する方法です。病院を経営していると、特定の月で資金繰りが厳しくなる時場合があります。その月は、2月と5月です。2月はそもそもの月の日数が少ないですし、5月は祝日が多いので、病院の診療日が少なくなります。月の稼働時間が少ないのですから、そういった月はいつもよりも診療報酬が少なくなる可能性が高いと言えます。

そうなると、その月の診療報酬を受け取る2か月後に資金繰りが厳しくなってくるはずです。つまり、2月であれば4月、5月であれば7月、に受け取る診療報酬が、いつもより減ってしまうのです。ですから、特にその月において、資金繰りが厳しいといった事態が起きやすいのです。単純に収入減があった月に資金を調達する必要があるのではなく、2か月後の月の資金繰りが特に厳しくなってくるという点を頭に入れておきましょう。そんな月の職員の給与を支払うため、備品を購入するために、ファクタリングを活用すると効果的だと言えますね。自身の医院の状況に合わせて、上手にファクタリングを活用するのがベストです。

診療報酬債権はどのように活用するの?

毎月、国保連や社保に対してレセプト請求を行うことにより、約2か月後に現金を受け取とれる、診療報酬。この診療報酬を債権として買い取り、2か月待つことなく、現金を入金してくれるサービスを「診療報酬ファクタリング」と言います。

通常の場合、レセプト請求をしてから診療報酬が入金されるのは、2か月程度先です。しかし、診療報酬ファクタリングを利用した場合、診療報酬から手数料(1.5%程度~)を引いた額がすぐに入金されるのです。それによって、資金繰りを改善することができる訳です。職員のボーナス月と医療器具や備品の購入が重なるなどして、月の支払いがいつもより多く、資金繰りが厳しくなってしまう時があります。このような苦しい状態の時に、レセプト請求による診療報酬を債権として買い取り、すぐに現金にしてくれるサービスが「診療報酬ファクタリング」なのです。すぐに現金が欲しい状況で、国保連や社保からの入金を2か月待つのは辛いですよね。そこでこのサービスを活用すれば、すぐに入金してくれるので、月の支払いなどに充てることが可能になります。

この診療報酬ファクタリングを利用する流れは、国保連や社保に医療機関がレセプト請求を行い、それを国保連や社保が確認後、ファクタリング会社が医療機関にすぐ入金。そして
2か月後に国保連や社保から、ファクタリング会社に入金がある、といった形になります。

医療機関に大きなメリットのあるこのサービスですが、ファクタリング会社側から見ても同様にメリットがある、リスクのない安全な仕事なのです。それは2か月後、確実に国保連や社保から診療報酬が入金されるからです。ファクタリング会社からすれば、お金を先に用立てるだけで手数料が入るのですから、リスクのないビジネスといえるのですね。

医院の経営、悩んでいませんか?

医院やクリニックを経営していると、さまざまな悩みを抱えることになると思います。「診療報酬の改訂が影響して、病院の経営が厳しくなってきた…」「近くに新しいクリニックが出来て、患者さんの数が減ってきてしまっている…」「資金繰りが厳しくて、毎月ギリギリで辛い…」。

そんな中、そういった悩みを解消する方法として、「診療報酬債権で資金を調達できるといったことを耳にしたが、本当なの?」といった疑問を持っている人もいるはずです。ここまで挙げてきた悩みや疑問を持っているそこのあなたに、このサイトを役立てて欲しいのです。

日本国内にある病院やクリニックのうち赤字経営なのは、4割程度だと言われています。全体の半分とまではいきませんが、2~3軒に1軒は赤字という計算になりますね。そのような状況にあるとはいえ、「勤めている人達や、長年信頼して通院している患者さんのためにも、経営を上向きにし、安定させたい」「地域の医療を支えてきた一医院として、これからも地域の医療に貢献していきたい」といったように考えている先生がほとんどでしょう。

そういった熱い想いはあっても、資金調達の方法として、銀行からの融資や借入を選ぶのは難しいかもしれません。銀行や金融機関は、金融庁から発行されている「金融検査マニュアル」の指示に従っているため、経営が厳しい企業に対する新たな融資や借入を承認してくれることは、ほとんどないのです。信頼性の高い担保や保証があれば話は別ですが、そういったものがなければ、融資の審査はほとんど通らないと言えます。では、資金繰りが厳しくなった時、銀行や金融機関などからのつなぎ融資や借入が期待できない場合、資金の調達はどのように行えばいいのでしょうか?そういった場合に知っておいて欲しいのが、「診療報酬債権の活用」なのです。