診療報酬債権、いつ買い取ってもらうのがベスト?

診療報酬ファクタリングについては分かって頂けたかと思いますが、どういったタイミングで活用するのがベストなのでしょうか?

資金を調達すると考えた時、経営が厳しい状況の時に資金が欲しいと考えるのが普通ですよね。つまり、多くの現金が必要な時、急な出費は勿論、医療機器の購入、職員のボーナスなどに資金繰りが厳しくなってきます。そういった時、診療報酬ファクタリングを利用すれば、資金繰りが悪くならずに済みますね。実際、そのような場面で資金を調達する医院やクリニックが多いと言えます。

また、資金繰りが厳しくなることを予め予想し、前倒しで資金調達をするのもファクタリングを有効に活用する方法です。病院を経営していると、特定の月で資金繰りが厳しくなる時場合があります。その月は、2月と5月です。2月はそもそもの月の日数が少ないですし、5月は祝日が多いので、病院の診療日が少なくなります。月の稼働時間が少ないのですから、そういった月はいつもよりも診療報酬が少なくなる可能性が高いと言えます。

そうなると、その月の診療報酬を受け取る2か月後に資金繰りが厳しくなってくるはずです。つまり、2月であれば4月、5月であれば7月、に受け取る診療報酬が、いつもより減ってしまうのです。ですから、特にその月において、資金繰りが厳しいといった事態が起きやすいのです。単純に収入減があった月に資金を調達する必要があるのではなく、2か月後の月の資金繰りが特に厳しくなってくるという点を頭に入れておきましょう。そんな月の職員の給与を支払うため、備品を購入するために、ファクタリングを活用すると効果的だと言えますね。自身の医院の状況に合わせて、上手にファクタリングを活用するのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です