ここがスゴい!診療報酬ファクタリング

診療報酬債権ファクタリングには、優れた3つのポイントがあります。ここではそれらのポイントをご紹介していきます。

まず、面談や面接が不要であることです。
銀行で融資や借入を依頼すると、担当者の面談を数多く行う必要があります。医院を営業しながら何度も出かけなければいけないのは、身体的にも精神的にも辛いですよね。しかし、レセプト請求を買い取るファクタリングは、インターネットや電話での簡単なやり取りで済むのです。

次に、審査が簡単であることです。銀行から融資を得る場合は、長年に渡って返済を行わなければなりませんので、多くの書類の提出や、多岐に渡る審査項目があるため、とても時間がかかります。一方で、レセプト請求を買い取るファクタリングの場合は、長期に渡る返済という考え方ではありません。ファクタリング会社は契約した病院やクリニックにお金を入金し、2か月後に国保連や社保からお金を受け取ります。2か月で確実に回収できるため、審査は簡単に済むのです。

最後に、手数料が安いことです。診療報酬ファクタリングは、一般企業のファクタリングに比べ、その手数料はかなり安いのです。一般企業だと手数料の設定が20%程度の場合もありますが、診療報酬ファクタリングでは手数料は1.5%からなのです。
一般の企業でファクタリングを行う場合、売掛金の回収前に取引先が倒産してしまうリスクがあるため、買取手数料はおのずと高くなってしまうのです。一方で診療報酬ファクタリングの場合、国保連や社保といった公的機関ですから、債権が回収できないというリスクはないのです。
このように、診療報酬ファクタリングには、銀行などの金融機関による融資や借入にはない、優れたポイントがあるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です