医療機関だからできる!診療報酬債権ファクタリングの活用

あなたは、病院やクリニックなどの医療機関を経営していることが、経営において非常に大きな強みとなっていることをご存知でしょうか?その強みとは、レセプト請求をきっちりと行えば、2か月後には確実に、請求した金額が支払われることです。

診療報酬債権は絶対的な強みがありますので、その診療報酬債権を上手に活用して資金調達をすることができます。

診療報酬債権を活用した医療機関専門の資金調達 ファクタリングについて

 

上記の参考サイトを是非ご覧ください。

一般の会社や企業では、そうはいきません。例えば、取引先企業に商品を納品後に請求書を発行しても、約束の期日までに代金が支払われなかったり、入金を先延ばしにされてしまうこともあります。さらに悪い場合だと、未入金のまま取引先が倒産し、回収不能になり、もっと最悪な場合だと、連鎖倒産といったリスクもあるのです。

しかし、医療機関では国保連や社保という公的機関が請求の対象となるため、報酬を受け取ることは確実となります。これは大きな強みと言えますよね。

この強みを最大限に活かした資金調達法が、「診療報酬ファクタリング」なのです。医療機関側から見ると、本来2か月後に入るはずのお金がすぐ手元に手に入るため、資金繰りを改善できるという大きなメリットが、ファクタリング会社側からすると、2か月後にはお金を先に用立てるだけで確実に手数料が入るというメリットがあります。このようなWin-Winな関係が成り立っているのは、医院やクリニックとファクタリング会社の間に、国保連や社保といった公的機関が介在しているからなのです。病院が受け取っているレセプト請求による診療報酬は、非常に信頼でき、信用性の高いものだと言えるのですね。

レセプト請求であるからこその大きな強みを活かし、資金繰りが厳しいと感じた時、支払いが多くてきついと感じた時、どうしてもすぐに現金が必要になった時、診療報酬ファクタリングの活用を思い出し、検討して頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です