医院の経営、悩んでいませんか?

医院やクリニックを経営していると、さまざまな悩みを抱えることになると思います。「診療報酬の改訂が影響して、病院の経営が厳しくなってきた…」「近くに新しいクリニックが出来て、患者さんの数が減ってきてしまっている…」「資金繰りが厳しくて、毎月ギリギリで辛い…」。

そんな中、そういった悩みを解消する方法として、「診療報酬債権で資金を調達できるといったことを耳にしたが、本当なの?」といった疑問を持っている人もいるはずです。ここまで挙げてきた悩みや疑問を持っているそこのあなたに、このサイトを役立てて欲しいのです。

日本国内にある病院やクリニックのうち赤字経営なのは、4割程度だと言われています。全体の半分とまではいきませんが、2~3軒に1軒は赤字という計算になりますね。そのような状況にあるとはいえ、「勤めている人達や、長年信頼して通院している患者さんのためにも、経営を上向きにし、安定させたい」「地域の医療を支えてきた一医院として、これからも地域の医療に貢献していきたい」といったように考えている先生がほとんどでしょう。

そういった熱い想いはあっても、資金調達の方法として、銀行からの融資や借入を選ぶのは難しいかもしれません。銀行や金融機関は、金融庁から発行されている「金融検査マニュアル」の指示に従っているため、経営が厳しい企業に対する新たな融資や借入を承認してくれることは、ほとんどないのです。信頼性の高い担保や保証があれば話は別ですが、そういったものがなければ、融資の審査はほとんど通らないと言えます。では、資金繰りが厳しくなった時、銀行や金融機関などからのつなぎ融資や借入が期待できない場合、資金の調達はどのように行えばいいのでしょうか?そういった場合に知っておいて欲しいのが、「診療報酬債権の活用」なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です