診療報酬債権はどのように活用するの?

毎月、国保連や社保に対してレセプト請求を行うことにより、約2か月後に現金を受け取とれる、診療報酬。この診療報酬を債権として買い取り、2か月待つことなく、現金を入金してくれるサービスを「診療報酬ファクタリング」と言います。

通常の場合、レセプト請求をしてから診療報酬が入金されるのは、2か月程度先です。しかし、診療報酬ファクタリングを利用した場合、診療報酬から手数料(1.5%程度~)を引いた額がすぐに入金されるのです。それによって、資金繰りを改善することができる訳です。職員のボーナス月と医療器具や備品の購入が重なるなどして、月の支払いがいつもより多く、資金繰りが厳しくなってしまう時があります。このような苦しい状態の時に、レセプト請求による診療報酬を債権として買い取り、すぐに現金にしてくれるサービスが「診療報酬ファクタリング」なのです。すぐに現金が欲しい状況で、国保連や社保からの入金を2か月待つのは辛いですよね。そこでこのサービスを活用すれば、すぐに入金してくれるので、月の支払いなどに充てることが可能になります。

この診療報酬ファクタリングを利用する流れは、国保連や社保に医療機関がレセプト請求を行い、それを国保連や社保が確認後、ファクタリング会社が医療機関にすぐ入金。そして
2か月後に国保連や社保から、ファクタリング会社に入金がある、といった形になります。

医療機関に大きなメリットのあるこのサービスですが、ファクタリング会社側から見ても同様にメリットがある、リスクのない安全な仕事なのです。それは2か月後、確実に国保連や社保から診療報酬が入金されるからです。ファクタリング会社からすれば、お金を先に用立てるだけで手数料が入るのですから、リスクのないビジネスといえるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です